まず健診の代行サービスとは何かを詳しく説明

会社は1年以上雇用する予定であり、なおかつ週30時間以上労働する者に対して定期健康診断を実施しなければなりません。正社員のみならず、契約社員やパートタイム労働者についても同様のルールが定められています。そして、これに違反すると行政機関の指導を受けたり、罰金を支払う制裁が科せられる可能性が生じます。健康診断を受けさせればいいだけじゃないかと思う経営者や担当者もいることでしょうが、意外に多くの事務作業が必要と言われています。労働者の受診率を高めるための取り組みも必要ですし、精算や提出された診断結果を適切に管理するなどの義務が生じます。健康上のトラブルを抱えた労働者が発生した場合は、産業医とコンタクトを取るなど必要な作業が増えます。健診代行サービスを利用すれば、こうした一切の業務を任せることができるため、事務負担が大きく減ります。

その会社に合った診断方法の提供も

健診代行サービスが実施するのは、主に健康診断の手配や事務作業、結果の集約などです。ところが、会社によってはこれだけでは不十分な場合も考えられます。定期健康診断を実施する方法は大きく3つあります。企業で集団での診断を実施するパターン、会社が指定する病院にて実施する場合、そして従業員各自に医療機関の選定を任せて結果だけ提出してもらうケースが考えられます。確実に健康診断を受けさせたいのであれば、集団形式が最も効果的です。しかし、従業員同士のプライバシーの問題もあるので、各自の判断に任せたいところもあることでしょう。このサービスを利用すれば、その会社の風土や従業員の数、業種などを考慮した方法を提案してもらうことが可能です。なお、これらのサービスは事業所のみならず、健保組合や共済組合といった保険者にも提供されています。

一歩進んだサービスを提供する業者も

健診代行サービスは事業主や保険者の事務負担を大幅に軽減し、顧客の状況に合わせた健康診断のプランを提案するのが基本です。これだけでも大きなメリットと言えます。しかし、近年話題となっている労働環境の改善という企業にとって重要なテーマについて、より積極的なサービスを提供する業者も登場しています。具体例としては、健康診断の結果を集約・分析するサービスです。労働者が提出した結果はあくまで労働者個人のデータであり、集約や分析をしなければ会社全体の課題は見えません。ところが、集約や分析まで対処する業者を選択すれば、会社のどこに問題があり、どのように改善するべきかという最も重要な課題を把握できます。その結果、労働者がより働きやすい環境に改善される可能性が高まります。そして、労働者の離職率の低下という効果を期待することもできます。このように、健診代行サービスは非常に魅力的なサービスです。

疲労蓄積度チェック・ストレスチェックも標準装備しています。 従業員サイトはスマートフォン・タブレットに対応しています。 健康相談、産業医・専門医紹介も承ります。 地方の支社支店や一部事業所の社員やご家族の健診・健康管理をご用命いただくことも可能です。 定額・低料金で、データ登録・移行もサポートします! 全国に店舗や営業拠点を持つ外食・小売・流通・金融・サービス業のお客様にご導入いただいています。 手続きも管理もお任せ!健診は代行サービスの利用がおすすめです!