人気の健診代行サービスの特徴とは

会社などで働いている人は、年に1度健康診断を受けなければいけないと決まっています。この管理は個人がするのではなく、会社がすることになっており、医療機関への予約や受診票の発行をして結果のデーターを管理するところまでを行わなければいけません。医療機関は全国にたくさんありますし、費用もバラバラで管理が難しくなっています。中には予約をしたのに行かないという人もいて、連絡なども大きな手間になるでしょう。そこで最近人気を集めているのが、健診の代行サービスです。今まで会社が手配などをしていたものを、全て委託できるサービスです。様々な医療機関と提携しているところも多く、会社の手間などを大幅に減らすことができるため注目を集めていて、利用する会社も増えています。

健診の代行サービスとはどのようなものか

健康診断をするためには、医療機関とのやりとりや予約、そして社員への受診票の発行など様々な作業が必要です。とても面倒な作業で時間もかかってしまいますが、代行サービスはこの手間と時間を大幅に短縮できます。予約からデーター管理まで代行してくれるので、会社が扱う内容はほとんどありません。集団健康診断の予約はもちろんですが、個人がおのおのの医療機関に出向く際にも利用可能です。委託することで本来の業務に集中でき、仕事内容の効率を上げることもできます。社員の健康状態を把握して、病気などの早期発見につながる大切なものです。業務の効率化にもつながり、毎年受診者への意識を高めるというようなアプローチもしてくれるので、未受診を減らして意識改革をすることもできます。

業務内容などによって検査項目を追加

健診の内容は血液や尿を使い、基本的なものを行うというのが一般的です。血圧や身長、体重は測定しますが、そのほかの項目については検査しないことが多いです。しかし、業種によってはかかりやすい病気が出てくることも多いです。そこで代行サービスではおすすめの検査項目を付け加えることができます。症状は出ていないけれども、病気が疑われるような際には早めの発見ができ、その分早く治療に入ることができるようになります。個人への通知なども行ってくれ、もし再検査などが進められた場合には受診勧告をするなどのアプローチも可能です。こうすることで社員の健康状態を把握するだけでなく、病気の早期発見や早期治療などより健康状態を改善していく試みが可能になりました。データーの管理もしやすくなります。