安心安全に健診の代行サービスを受ける方法

会社員であれば、健康診断を受けるのは義務となっています。費用は会社が負担してくれるわけだし、自分の健康状態を知ることができるのでありがたいことです。しかし、忙しかったり、面倒に感じて健康診断を受診しない従業員も少なくありません。実は、健康診断を受診するかしないかは自分だけの問題ではなく、その事業所の問題でもあるのです。というのは、事業所は行政から受診率が問われるからです。従業員の受診率が低くて困っていたり、従業員の受信状況を把握できない、あるいは毎年の健康診断の手配をする余裕がなかったり、従業員に受けるように催促するのが大変など、色々困難な状況の中にある事業所も少なくないようです。そこで注目されているのが健診代行サービスです。いったいこれはどのようなサービスで、どのように利用すれば良いのかなどを開設します。

受診率アップと従業員の健康管理

健診代行サービスとは、事業所に代わって従業員の健康診断を受けるように催促し、受診率を上げてくれるサービスのことを言います。そして従業員の健康状態を管理し、健康管理レベルを引き上げてくれます。つまり、行政に対する義務を単に果たす助けだけでなく、従業員の健康管理もしっかり行うことで、従業員を守り、結果的にその会社の業務を安定させるのに貢献してくれるのです。小規模の事業所であれば、事務員や自分たち自身でもある程度管理できるかもしれませんが、大規模の事業所になってくると自分たちでこれらのことを管理していくことは簡単ではありません。そのためにいま、従業員の受診率をアップさせるのと同時に、事業所の負担を軽減させることができるこの健診代行サービスは大変注目されているのです。

安心安全にサービスを受けるために

安心安全に健診の代行サービスを受けるためには、どのようなサービスを提供しているのかを複数の代行会社ごとに比較検討することが大切です。どのような方法で受診率を上げるのか、従業員の健康管理をどのように行うのかなど、具体的な方法をしっかり把握し、そのサービスを必要としているのかどうかを判断する必要があります。費用についての比較も大切です。サービスの内容に対して費用が妥当かどうか、他社と比べて高いか安いかなどをしっかり比較します。費用の内訳についても、初期費用や月々の管理費用のほか、代行費用が一人につきいくらかかるのかなど把握し、従業員の数をかけて概算を算出します。ホームページなどで謳われている費用は、交渉しだいで変わりますので最終的には交渉力も必要です。