様々な所にニーズがある健診代行サービスの内容

栄養バランスの良くない食事や不規則な生活、仕事・家事のストレスなど、身体に負担となるものが多い現代において、自分の健康を気遣う人が増えています。でも、健康診断の受診率はとても低くなっています。その理由のひとつとして、今現在大きな症状がないのに健康診断を受けるためだけに会社を休めないという方が多いことが挙げられるでしょう。そこで利用されているのが、医療機関と提携している健診代行サービス会社が企業や共済組合などの団体で健康診断を受けられるようにサポートするシステムです。健診代行サービスでは勤務先または勤務先近くの医療機関で健康診断を団体として受けるため、受診費用が安く、受診時間も最低限で済むなど、個人も企業側も色々なメリットがあります。

団体で健康診断を受ける際の業務を一括代行してもらえます

健診代行サービスでは、企業や保険組合・共済組合などの団体向けに健康診断に関わる業務を一括で代行してもらうことができます。健康診断を受ける医療機関の手配や連絡・受診案内・受診の予約や精算・検査結果の通知のほか、診断結果後の通院等についての相談を受けてくれるところもあります。全国の医療機関にネットワークを持っているところが多いので、利便性の高い医療機関を依頼することも可能です。もし近くにそのような医療機関がない場合、専門スタッフや機材・検診車等を派遣して健康診断を行える巡回方式を実施することもできます。基本項目の健康診断は全国のどの医療機関で受診しても同じ料金で受けられるところもあるほか、団体の要望によっては検査項目を追加するなど、団体ごとの幅広いニーズに応えてもらえるところもメリットです。

個人の健康チェックだけでなく従業員の健康管理にも役立ちます

従業員が同じ医療機関で健康診断を受けることのメリットに、企業や組合側には従業員の健康管理を一元化できることがあります。個人で別々の医療機関で受ける場合、なかなか個人の診断結果が集まらなかったり、診断結果の様式が異なったりすることもあるでしょう。でも健診代行サービスを利用すれば、短期間でほぼ全ての従業員の健康診断が終了でき、約1ヶ月でデータ化された統一の診断結果が指定のフォーマットで納品されるのです。毎年の問診や診断結果が見やすくなるため、各個人の就労データと合わせるのも簡単になり、産業保健医による健康アドバイスにも利用しやすくなります。メタボなどの生活習慣病やメンタルのチェックを通して各個人の健康意識を高めると同時に、従業員の健康管理がしやすくなるサービスといえるでしょう。